高収入が理由で会社を辞めない28歳営業マンが一生幸せになれない理由とは?

就職活動の時に、出身大学のランクではとても入社できないような評判の会社に入社して6年。
営業の仕事もお客さまに信頼してもらえるようになっていました。

この会社で認められるために突っ走ってきました。
その結果、昇進も早く、同期の中でもトップの方に入ることができました。

ただ、働いていてずっと思っていたこと。
「何か違う・・・」

自分だけが会社に対して不満を持っているわけではありません。

・高圧的なパワハラ上司
・雰囲気の暗い社内
・良くならない人間関係
・毎日の終電までの残業
・どんな手を使っても売れという社風
・厳しい環境で辞めていく同僚たち

そんな会社で6年間も働けた理由は給料がいいから。
それだけです。
転職して給料が下がってしまうのが怖かったんです。

でも、転職をしました。
なぜか。
それは、給料が理由で同じ会社で働き続けると一生幸せになれないと気づいたから。

今まで、私はお金のために働いていました。
独身の時は、自分の自由に使えるお金のため。
結婚してからは、それに家族のためというのが増えました。

とにかく、お金のためなら我慢できたし、仕事とはそんなものだと思っていました。
プライベートさえ楽しめていたら、人生はハッピー。
当然のことだと思っていました。

がんばって働いた結果、能力が上がった、地位も上がりました。

でも、当然と思っていたことは間違っていました。

仕事はお金じゃない。
仕事は充実感を感じるかどうか。

ずっと思っていた「何か違う・・・」の正体に気づくことができました。

もちろんお金のためというのも間違いないんですけど、それだけでは働けなくなったんです。
不思議と。

今までは、必死にお金のため、出世のために我慢できました。

でも、それがなくなったとたんに、「何やってんだろう・・・」と。
家族のためだけでは、がんばれない。

それが、本心でした。

自分が本当にやりたいことは何なのか。
なぜ、今の会社ではできないんだろうかを考えました。

当たり前かもしれませんが、人間関係が悪かったり、ガミガミ怒るだけの上司と仕事をして、毎日が苦痛なんです。
ひたすら売れというだけの会社の商品を売ることに罪悪感も感じていました。
これを売って、この人は本当に幸せになるんだろうか。

私が欲しかったのは、助け合うようなチーム感のある職場や自社の商品をおすすめできる自信でした。
それが自分にとっての充実感なんだと。

それに気づけたとき、転職の決断はすぐでした。

私が仕事に充実感をもって働けているのは、間違いなく転職という決断ができたからです。

もし、あなたが今お金だけのために働いているのなら、「何か違う・・・」と感じていませんか。

ひたすら売るだけの仕事やひたすら作るだけの仕事をしているなら、「何か違う・・・」と感じていませんか。

もし、もっと充実感のある仕事を見つけたいなら転職がおすすめです。

もう一度、自分のやりたことを見つめ直すことができるから。

世間では、ほとんどの人が転職して良かったと思っています。
ただ、4人に1人が転職して後悔しています。
では、なぜ後悔する人がいてるのか。

そのほとんどは転職後のミスマッチによるものなんです。
「人間関係」「労働環境(残業・休みのとりやすさ)」「待遇」において、入社前に期待していたものと違うということでミスマッチが起こり、転職で後悔してしまうんです。

それは、自分が就職活動をして経験したことと同じでした。
転職しても、人間関係が悪かったりと入社前に思っていた会社と違えば意味はありません。

だから、このミスマッチをなくしてしまえば、転職は良かったと思えるものになります。

そこで、私が転職のときに使ったもの、それは転職エージェントです。

2.問題提示

3.共感

4.解決策

5.証拠

ニーズ

共感

興味

ニーズと関連付け

証拠

押す